私が本当にほしい物・マンション

私が本当にほしい物は、それはマンションです。今、夫の病気の関係で、夫の出身地に住んでいますが、もともとは首都圏の出身です。夫が仕事ができないので私が働くしかないのですが、地方都市の悲しさで、仕事があまりなく、時給も安いのです。同じ仕事をしていても首都圏の給料とはかなり格差があります。将来的にこの地でやっていくのは色々な意味で難しいという事を、夫婦で感じています。
夫と話し合って、もう少し体調がよくなったら、ゆくゆくは首都圏に戻ろうという話をしていますが、その為にはマンションを買おうと話しています。
そして、そのためにもこちらで安いながらもせっせと働き、お金をためています。
普通の日中の仕事は給料が安いので、それだけではなく自宅で副業として、内職をしています。週に何回も夫の病院通いがあるので、そういう時の待ち時間も内職をして有効に使っています。
はたから見れば無謀な買い物を考えているように見えるでしょうが、それでも少しずつ貯金して、マンションの代金としてためています。
また、あまり思いつめるのも楽しい生活ができないので、マンションを買ったらどういうインテリアにしたいかという事を話したり、どの町に住んだら、そうしたらレストランが沢山あるので、たまには外食したいね、なんて、二人で話してモチベーションを保つようにしています。
人は無理だと言いますが、あきらめてしまったらそれこそ夢は叶わないので、二人で生活を楽しみながら、夢を叶えたいと思います